脱毛でよくあるトラブル

脱毛は非常にデリケートな処理ですのでトラブルを起こすことも少なくありません。

しかし、どのような原因によってトラブルが引き起こされるのかをきちんと理解しておけば、処理を行う際に注意することができますので、大きなトラブルを回避することができます。脱毛時によくあるトラブルとして、埋没毛が挙げられます。埋没毛は処理を行う際に途中で切れたムダ毛などが皮膚の上に出てこられず、皮膚の下で成長してしまう現象です。ムダ毛自体は普通に生えているものと変わりませんので、見た目には目立ちます。

しかし、無理やり掘り返してしまうと皮膚に傷をつけてしまいますし、炎症につながる恐れもありますので、自然に出てくるのを待たなければなりません。埋没毛を作らないようにするためには途中で切れないようにすることが重要であり、万が一できてしまったら肌の代謝を高めて排出を促すようにします。また、脱毛後には色素沈着もよく起こります。

これは処理を行う際に与えてしまった刺激によってメラニンの生成量が増えてしまい、排出が追い付かなくなった時に起こる現象です。排出量が追い付かなければ肌中に含まれるメラニンはどんどん増えていき、長く肌に留まるようになります。その結果、皮膚に色素沈着に現れるようになりますので、まずは脱毛時に刺激を与えないように気を付けることが大切です。色素沈着が起きてしまっても、メラニンの排出を促す化粧品で改善することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です