永久脱毛の定義と脱毛の種類

肌の露出が増える季節はムダ毛処理を怠ることはできず、煩わしさを感じる女性も多いことでしょう。

また、男性であれば毎日のヒゲ剃りも、もっと手がかからずに済んだらいいのに、と感じる内容の一つです。そんなムダ毛に悩む人々が気になって仕方ないキーワード、それは「永久脱毛」です。夏になれば、電車の中吊り広告に脱毛を施術する店舗の広告が溢れ、CMでもよく見るようになります。永久脱毛というのはその名の通り、今後において毛が生えてこない状態のことを言います。

例えば一つの毛穴から数十年毛が生えてこなかったとしても、そこから新たに毛が生えてきてしまえば永久ではなくなります。その為、医学的には永久減毛と言っています。ただし、自信で感じる感覚としては永久脱毛の方がしっくりくることでしょう。気になる効果ですが、店舗で使用している器械や光の種類、出力によって大きく差が出ます。医療レーザー脱毛では、医師や看護師が出力の高い器械を使用し施術します。

脱毛エステ店では、医療レーザーよりも出力の弱い光脱毛と呼ばれるものが主流で、エステティシャンが施術します。現在では主に、この2種類がポピュラーでありますが、針脱毛やニードル脱毛と呼ばれる方法も少なからず残っています。こちらは毛穴一つ一つに、特殊な針を刺して電流を流していく方法です。大きな痛みを伴いますが、レーザーや光では反応しない産毛や白髪にも効果がある為、少なからず需要があります。自身がどのように脱毛していきたいのかによって、種類を選びましょう。

銀座で永久脱毛するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です